オーナーズブックの評判をご紹介!実績・メリット・デメリットを公開します。

オーナーズブック 評判

オーナーズブックの評判と評価をまずはご紹介

オーナーズブックの評判・評価をご紹介していきます!

オーナーズブックというと不動産系ソーシャルレンディング業者のさきがけというイメージもありますが、どうでしょうか!

不動産案件が多いので、だいたいどの案件にも担保がついている。なので何かあったときの安心感が高い。

運営会社がもともと不動産コンサルなどをしていたということで、不動産のプロが選ぶソーシャルレンディング案件は信頼性が高いと感じる。

実態が分かる案件が多いので安心感がある。他のソーシャルレンディング案件と比較して、年利が高いわけではないがローリスクということなのでOKかなと思う。

こんないい評価をしている人がいます。

一方で、もちろんあまり良くない評判もあります。

人気すぎてなかなか案件に投資ができない!

先着順タイプの案件は、その時間にパソコンやスマホが操作できないともう絶望的。

運用期間が長いものが多いので少しリスクが高いかなと感じている。

調べてみたところ、こんな評判がありました。やっぱり不動産案件ということで、担保がついているのはうれしいですね。

オーナーズブックのメリットを詳しく説明します。

オーナーズブックのメリットは大きく2つあります。順番に解説していきます。

案件のほぼすべてに担保がついている

オーナーズブックが提供する案件は不動産案件です。なので他のソーシャルレンディング業者でもよくあるように抵当権などの担保がついています。

もし融資先の業者が運用に失敗して、資金が全額返ってこないときでも、担保の不動産を処分して投資家に資金を返却することが可能です。

運営会社が上場企業である

オーナーズブックを運営するのは「ロードスターキャピタル株式会社」です。

ロードスターキャピタル株式会社は東証マザーズに上場している企業。

株式上場の際には経営に対する厳しい審査がありますから、上場していない企業よりもずっと信頼度が高い運営企業です。

オーナーズブックのデメリットを詳しく解説します。

オーナーズブックのデメリットをご紹介します

人気すぎて投資自体が難しい

オーナーズブックの案件はどれもが大人気です。数分で1億円以上の資金を集めることもザラにあります。

そんな案件が多いので、投資することすら一苦労

最近は先着順に投資できる案件ばかりでなく、抽選の案件も増えていますが、競争が緩和されているわけではありません。

あいかわらず、競争はかなり激しいです。なので実際に投資が難しいというデメリットがあります。

出金手数料が投資家負担

オーナーズブックは元本や利息などを自分の口座に移す「出金手数料」が有料です。

多くの資金を投入して多くの利息をもらっているなら気になりません。ですが、少額の資金で運用している場合は、出金手数料が大きく響いてきます。

大きなデメリットの一つと言えます。

運用期間が長い案件が多い

オーナーズブックには運用期間が長い案件がとても多いです。

平均するとだいたい2年ぐらいになるでしょうか。2年もあると市場の状況や企業の状況は大きく変わります。不確定要素が増えますね。

その間、資金を引き出せないのもデメリットです。間違いなく近々使う予定のない資金で投資することをおすすめします。

オーナーズブックの貸し倒れやデフォルト実績を調査

元本割れ・デフォルト・貸し倒れが過去にあったかどうかを調査しました。

公式サイトには「2019年5月まで過去に一件も元本割れはない」という風に書かれています。

その後も元本割れがあったという話はないので今のところは運用開始後、一度も元本割れや貸し倒れは起きていないようです。

オーナーズブックの案件の一部をチェックしてみます

オーナーズブックの案件の一部をご紹介します。

オーナーズブック 評判

オーナーズブック 評判

これを見てもわかるように予定運用期間は長めです。

また、予定利回りはソーシャルレンディングの中でもあまり高いとは言えない数字になっています。ただし、ここにある案件は全て担保(抵当権)が付いています。

安心感はとても高い案件ばかりですね。

かかる手数料は?入金・出金手数料など必要か

オーナーズブックでは投資するとき、基本的に手数料はかかりません。

ただし、入金時や出金時に手数料がかかります。

入金するときは通常の金融機関を利用して入金しますが、そのときには規定の振込手数料がかかります。ネット銀行など、入金振込手数料が安い金融機関を利用することをおすすめします。

 

あとは出金時の手数料ですね。出金時手数料が無料というソーシャルレンディング業者は増えてきた中で、オーナーズブックは300円(税別)の出金手数料がかかります。

利息が少なかった場合、この出金手数料でマイナスとなる可能性もあります。十分に注意が必要です。

まとめ

オーナーズブックは不動産案件が多く、そのほとんどに担保がついています。なので、とても安全性の高いソーシャルレンディング案件がそろっています。

ですがその分、金利が低かったり、人気がありすぎて投資できなかったりするケースが多々あります。

 

なので、オーナーズブックだけでソーシャルレンディングの運用するのではなく、他のソーシャルレンディング業者も併用して運用していきましょう!

オーナーズブックは資産の一部で投資することをおすすめします。その方が資産が遊ぶ心配が減り、資産を有効活用できます。

 

オーナーズブック 公式サイト

お役に立ちましたら、ぜひシェアをお願いします!