クラウドバンクの評判は?実績やメリット・デメリットをご紹介します!

クラウドバンク 評判

クラウドバンクの評判・評価ってどうですか?

クラウドバンクというとソーシャルレンディング業者の中でも老舗というイメージがあります。

新しい参入者が増える前からソーシャルレンディングを引っ張ってきたイメージがありますね。

そんなクラウドバンク。評判ってどうなのかというのを調べてみました。

 

ツイッターやブログなどで調査してみましたが、悪評はあまり見当たりません

もちろん、クラウドバンクに100%投資するのは危険!という記事は見ますが、返還されないとか、操作できないとか。

見にくいとか、発注が通らないなどのコメントはないようです。

クラウドバンクのメリットがこちらです!

クラウドバンクのメリットは大きく3つあります。実際に私が運用していてもメリットを感じます。

高利率案件が多い

クラウドバンクは6%~の年利が設定されているものが多いです。かなり高利率の部類ですね。

10%を超える案件も他の業者ではありますが、3%ほどの案件もまだまだあります。

6%以上の案件が多いクラウドバンクは安定した高金利と言えます。

出金手数料が無料

クラウドバンクは出金手数料が無料です。

出金するときに手数料がかかっていては、いくら高金利とは言っても利益が吹き飛ぶ可能性も。出金手数料無料は大きいですね。

複利運用が簡単

クラウドバンクは最低投資金額が1万円です。ソーシャルレンディング業者の中でもハードルが低いほうですね。

さらにクラウドバンクがいいのは、11,000円でも投資ができることなんです。利益を貯めておいて、再投資に回すのも簡単なんですね。

即時入金対応

クラウドバンクは即時入金に対応しています。提携銀行からであれば、入金は即時反映+手数料無料です。

出金手数料無料と合わせて、ぜひ利用したいですね。

クラウドバンクのデメリットはありますか?

クラウドバンクのデメリットを考えてみました。これがなかなか見つからないんです。

1つ思いついたのが、「10%を超える案件がない」というくらいでしょうか。

最近ではちょくちょく10%を超える超高金利案件も見るようになってきました。しかし、クラウドバンクは高くても6%台まで。

低い利率もないけど、超高金利案件もないです。残念なところです。

 

ですが、実は超高金利案件は競争が激しくて、投資できないことも多いんですよね。

6%くらいの利率というのはデメリットのようなメリットのような、そんな状態となっています。

クラウドバンクには貸し倒れ・デフォルト実績はある?

気になるのはクラウドバンクの安全性

いくらいいソーシャルレンディング業者と言われていても貸し倒れ案件・デフォルト実績を出してしまってはいけません。

公式サイトによると「2013年12月~2019年6月まで、元本回収率100%」とのことです。とりあえず今のところ、安全っぽいですね。

 

また安全性というと、取得免許も大事なポイントです。ソーシャルレンディング業者は第二種金融商品取引業の免許があれば運営できます。

しかし、クラウドバンクはさらに条件が厳しい第一種金融商品取引業の免許を持っています。

免許から考えても、安全性は高そうです。

クラウドバンクの案件はこんな感じです。

クラウドバンクの案件の一例をご紹介します。

クラウドバンク 評判

日本の案件は6%を越えています。この例では運用期間も短くていいですね。

また、「カナダ・アメリカ案件」もあります。こちらは5%超え。また運用期間も短いです。カナダ・アメリカ案件は為替によってかなり利益がぶれそうです。

入金・出金手数料はかかる?

クラウドバンクの手数料についてご紹介します。

入金は手数料無料の即時入金に対応。対応しているのは多くの銀行・信用金庫・労働金庫です。対応している銀行を持っているなら、ぜひ活用しましょう。

対応していない場合は、クラウドバンク名義のみずほ銀行に入金することになります。

その場合、みずほ銀行への振込手数料がかかるので注意しましょう。

 

出金手数料は無料です。ありがたいですね。

まとめ

クラウドバンクは多くのソーシャルレンディング業者の中でもいい業者だと思います。

比較的高金利であり、かつ各種手数料は無料。福利投資もしやすいです。

 

迷ったらクラウドバンク!といっても過言ではないと考えます。

クラウドバンク 公式サイト

お役に立ちましたら、ぜひシェアをお願いします!