続・ループイフダンの種類を増やすか、枚数を増やすか

前回の記事の続きです(前回の記事→ループイフダンの種類を増やすか、枚数を増やすか)。

前回は、リスク分散を考えるなら、ループイフダンの種類を増やすのがおすすめ、と書きました。

 

では、枚数を増やすとどうなるか、ということですね。

取引枚数を増やすと、もちろん利益が増えます。

同時に損失も増えます。

 

今、運用していて、1年間の利益ランキングでも1位のループイフダン。

20150218

S40_40(ユーロ円)というループイフダンですが、ぐーっとユーロ円が上昇したことがあって、一気に含み損がふくらみました。

口座資金60万円に対して、含み損が30万円?くらいだったと思います。

そんなとき、枚数を増やしておくと含み損も大きくなります。

精神的にもあまり良くないこともあります。

ただ、勢いが付けば利益もどんどん増やすことができます。

 

種類を増やすか、枚数を増やすか、というのはいつまでもついて回る難題です。

リスクを減らすのを重視するのか、利益を上げるのを重視するのか、という点で考えてみてくださいね!

放置で資産を構築しましょう!
ループイフダンの特徴・メリット・デメリットまとめ

ループイフダンよりも使いやすい!?
マネックス証券 オートレール レビュー

資金管理を学ぶならこれ!
パリス昼豚の5万円FX レビュー

コメントを残す

このページの先頭へ