旧ループイフダンが終了しますが、建玉はどうする?

旧ループイフダンが終了します。

いまだに具体的な日付は発表されていません。

が、6月中に運用がストップするのは間違いないようです。

 

運用はストップされますが、建玉はそのまま残ります。

また、そのポジションに対しては、指値で決済注文が入ります。

 

つまり、新しくポジションを建てない状態になるだけなんですね。

含み損なども全部そのまま残るわけです。

 

で、何が問題かと言うと、このポジションたちをどう扱うか、ということです。

今私は200万円ほどの含み損があります。

この含み損をすべて決済して、新ループイフダンに移行するのかどうか、ですね。

 

結論は、「放置!」です。

一度は、全部決済して、新ループイフダンに移行することも考えました。

が、やっぱり200万円の含み損をわざわざ決済するのはもったいなさすぎます。

 

昔なら1年で回収できていたかもしれません。

でも、今では2年かかる計算になります。

2年間タダ働きで、資金をリスクにさらしておくのはないな、という結論に達しました。

 

私のポジションは、だいたい100~124円で建てています。

レートが数円まで近づいたら、思い切ってポジションを切るということは考えています。

 

ということで、旧ループイフダンはサービス終了になっても、放置します。

放置で資産を構築しましょう!
ループイフダンの特徴・メリット・デメリットまとめ

ループイフダンよりも使いやすい!?
マネックス証券 オートレール レビュー

資金管理を学ぶならこれ!
パリス昼豚の5万円FX レビュー

コメントを残す

このページの先頭へ