ループイフダン 検証 2016年8月16日の口座状況

今、現在の状況です。

現在 前日比
口座資産 2,714,000円
(+かなりの額)
+2,000円
含み損 2,830,000円 4,000円増

運用中のループイフダン
・ループイフダンB15_15(ドル円)2,000通貨
・ループイフダンS15_15(ドル円)3,000通貨
(重複レート発注なし)

 

資金・含み損ともに微増。

101円を切る場面があったにもかかわらず、この程度。

ふーむ。

まぁ、仕方ない。

うん。

放置で資産を構築しましょう!
ループイフダンの特徴・メリット・デメリットまとめ

ループイフダンよりも使いやすい!?
マネックス証券 オートレール レビュー

資金管理を学ぶならこれ!
パリス昼豚の5万円FX レビュー

2 Responses to “ループイフダン 検証 2016年8月16日の口座状況”

  1. もここ より:

    生活落ち着かれました?お盆だから身の回りいろいろあった感じですかね。私もちょちょいと法事を。

    今朝、びっくりするくらい円高進みましたねー。しかもイギリスやアメリカの指標も怖く、IMM投機筋の建玉も円ロング増加傾向。いや。このロングを外されるとペチーンとあがるわけですが。(HF)
    今朝は閑散市場を狙っての仕掛筋の仕掛けがきて、かなり暴落。100.5を割るとは思いませんでした。
    こーりゃ、100円アタックもありえますが。あくまで仕掛けなので戻すでしょう。円安に向く材料は見当たりませんが、投機筋があげたいと思えば円安に向く情報がでてくるのでしょうw

    明確な下ひげのついたセリクラがくるまでは油断できませぬ。ま、ここ最近のお盆でロングたまりまくってたようなので潰しにきたんでしょうね。明日からは本格的にHFが帰ってきます。これで、どちらに向かうかでしょうね。お盆は負け組みが閑散市場を狙って稼ごうとしているだけなので。。勝ち組はバカンス決め込んでますし。

    今回の下げでループイフダンS15_15を一旦切りました。100円割れ後に戻さずにレンジ臭がしてきたら再開or円安に向かってきたら再開するかを判断します。。とりあえず、100円台のS15の取り残されは微妙に精神衛生上宜しくないですから。。。突っ込みシュートの回収は完了。円安を願います……。

    たまには協力を。
    ループイフダンは「放置」して運用できるのは低ロットかつ40円以上の値幅でも死なない証拠金の場合のみ有効です。運用単位は年単位で。
    ただ、昨今の金融緩和によるボラの増加はループイフダンにとってはマイナス要因であり、B15のイフダンが120円をつかみ、暴落して損切り。最終的に損益をこうむった方もそれなりにいるのではないでしょうか?

    なので、このイフダンの運用は放置とされていますが、私は放置運用はかなり危険であり、短いスパンで管理メンテナンスが必要と考えます。
    ループイフダンを運用するにあたり低ロットで裁量取引を体験して損失を経験してください(絶対低ロットで。ミニマムlotで)
    これでボロ勝ちできるならば、裁量取引がベストです。
    ここで損失を経験し、相場の大きな流れを体感。(ここで私はミスをした)じゃないと、ミスります。

    あとは定期的にメンテして順張りのイフダン。年間の値幅を見て深追いせずにイフダンを解消。トレンド転換を明確に確認したら順張りの繰り返し。だいたいは一ヶ月くらいで解消と再開を繰り返しそう。

    というのが今の情勢でのイフダンの運用かな?と感じています。
    放置したら、私みたいにロングおいてけぼりの苦しみをあじわいまっせー。
    あ、ただ、B15系はスワップがつくので、時間経過とともにある程度は救済されます。二ヶ月くらいで何ぼくらいかな……1.5万程度はついてた記憶があります。なのである程度はおいてかれても年単位で保管しとけば助かる気配を感じます。

    金 利 か わ ら な け れ ば !

    です。。

    • しす より:

      >もここさん

      ですね。
      この時期に101円を割り込んで、100円台前半まで行くとは思いませんでした。

      ループイフダンの放置はそのとおりだと思います。
      とにかく資金があれば放置できますが、それ以外はメンテ要ですね。
      よく分かります。

      本当は裁量が最強でしょう。
      損失を抑えつつ、利益はどんどん伸ばせますから。
      それだけのセンスがあればと思いますが。。。

      私にはシストレが合ってます。
      裁量で取れるとは思えません(笑)

コメントを残す

このページの先頭へ