ループイフダン 検証 2016年7月9日の口座状況

今、現在の状況です。

現在 前日比
口座資産 2,488,000円
(+かなりの額)
+9,000円
含み損 2,914,000円 54,000円増

運用中のループイフダン
・ループイフダンB15_15(ドル円)2,000通貨
・ループイフダンS15_15(ドル円)3,000通貨
(重複レート発注なし)

 

100円中盤に到達しました。

雇用統計が良かったのに、円高になるというのは?

雇用統計が良い=アメリカ景気が良い。

→アメリカの株高

→ドル高

という流れにはならない?

 

おかしいなぁ。。。

放置で資産を構築しましょう!
ループイフダンの特徴・メリット・デメリットまとめ

ループイフダンよりも使いやすい!?
マネックス証券 オートレール レビュー

資金管理を学ぶならこれ!
パリス昼豚の5万円FX レビュー

2 Responses to “ループイフダン 検証 2016年7月9日の口座状況”

  1. もここ より:

    円高なのにダウは絶好調!雇用統計もヒーハー!状態。今回の雇用統計で上げられずに落ちた。恐らく「雇用統計でも上げられないなんで下だ」という目線が増えたかもしれませんねー。
    ダウ絶好調であることからリスク回避とは思えず、投機の対象になっていると考えるのが無難でしょう。ニュースではリスクオフとかいってますが、後付であって、実際は投機でしょう。それはこの雇用統計後の動きで把握できます。

    ここから先はただの予想というか考察ですが……
    悪材料やドリル抱えたモグラの援軍やポンド情勢で変わってくると思いますが、そろそろ一端は上に向かうかなーと。
    103.5の日本企業の円買いの壁を越えるかは不明です。一気にというよりゆったり、Sを誘いながら上かと。
    下目線が今回の雇用統計で増えたでしょうし、こういうときは刈りにくるかなーと。材料がでれば上にベクトルが行く気がします。
    今回の雇用統計も、良材料が出ればドルを買う人が多い所を利用してHFはドルを売り、そのポジを巻き込み下落して、戻したのかと。
    材料が出るまでは上も下も固くてレンジかと。

    あと、前よりも円の貨幣量がジャブジャブなので、以前の水準の円高になる可能性は低いと思われ、可能な最底値は90円程度と予想します。(ドイツ銀行が逝けば、ここを超える可能性はありますが……90円以下は外国的にも介入やリスクがでてくるでしょうからドルや金買いが強くなってくると予想してます)

    少なくともこの投機的な動きから、HFの決算期である年末には円安に進むと思っています。ポンド安は残るでしょうから、105~112円付近で年末かなーと。11月頭までには利確するでしょう。

    想定では100円付近で一度あげて、また95を目指し、最終的には105~112円に戻して年を越して、円高に向かう。

    ただ、外部要因が多いので……日本は弱いので、たこ殴り状態で落ちていく可能性はあると思いますので・・・プロのアナリストの予想も基本的にはずしまくりでしょうし、こんな予想もあるよ程度に思っといてください。。

    • しす より:

      >もここさん

      いつもどおりのすばらしい考察、ありがとうございます!
      めちゃくちゃ参考になります!

      ヘッジファンドの決算期まで読むとは。。。
      とてもためになります。

      90円とかやめてほしいですよね。
      こういうもてあそばれている相場は、色んな所に悪影響があるでしょうね。
      下手に景気対策も打てないし、企業にも悪影響。

      ファンドの人たちも仕事ですけど。。。
      そろそろやめて欲しいですね。

コメントを残す

このページの先頭へ