ループイフダン 検証 2016年7月22日の口座状況

今、現在の状況です。

現在 前日比
口座資産 2,571,000円
(+かなりの額)
+17,000円
含み損 2,026,000円 125,000円増

運用中のループイフダン
・ループイフダンB15_15(ドル円)2,000通貨
・ループイフダンS15_15(ドル円)3,000通貨
(重複レート発注なし)

 

何が起きたんでしょう?

107円台から一気に105円台へ突入しました。

その分、利益は出せているわけですが。。。

 

いいのか悪いのか。

ぜひ円安に進んで欲しいんですが。。。

放置で資産を構築しましょう!
ループイフダンの特徴・メリット・デメリットまとめ

ループイフダンよりも使いやすい!?
マネックス証券 オートレール レビュー

資金管理を学ぶならこれ!
パリス昼豚の5万円FX レビュー

2 Responses to “ループイフダン 検証 2016年7月22日の口座状況”

  1. もここ より:

    情報わけわけ。円高に走ったのは、以前お話したと思うのですが、
    我らが要人様方は円高を呼び込む力があります。

    まず1段階の下げは、日高記者(またか)の日銀の中で金融緩和に対して継続不可能の声が出始めているとの声(少数派であることや、誰の発言かもわからないような情報)で、
    二段階目の暴落は6月中旬にインタビューした黒田総裁のヘリマネに関する完全否定発言からの失望売り。
    でも、そもそもヘリマネって法律かえなきゃ下からできないんですよね。
    つまりは投機筋が落として利確とたまっていたロングを切りたかったんだと思います。
    BBCのこの、今頃になって出してくるのはあまりにも意図的で、合法的に為替操作したに等しい行為です。黒田総裁も先月の収録分ではどうにもならないでしょう・・・。

    つまり、特に何もないけど。下げたいから無理やり材料つくって落としただけ。となります。円安は金融政策次第でしょうが、並だと107.5くらいじゃないでしょうか?
    かなり強いと110円までタッチかな?115円は考えにくい。そこまでくると、日本売りに近いかもしれない。
    ちなみにロングは保証はできませんが、円高で死ななければ悪い円安がきたら回収できそうなきもします。

    でもやっぱり上は中国やヨーロッパが暴れる前に回収したいところですね。。。
    私の想定は週末なので大きく動かずにレンジ。最後の閉じる直前に上下どちらかに動くかも。
    来週は日銀までは緩やかな円安。106.5~107.5。
    結果次第で下は105円、上は107.5~109、反発。内容次第で緩やかに動きそう。下の場合は材料作ってズンズンいくかもしれません。

    いやー、非常に読みにくい相場ですねー。こういうときはポジションとらず眺めながら、円安になるといいなーっておもっときます。材料なくなったら、どうせ円高にすすむんでしょうし。

    • しす より:

      >もここさん

      無理やり円高に持って行こうとしているとか。
      そんな雰囲気はありますね。
      嫌な感じです。

      円安は進みそうにありません。
      それはなんとなく分かっています。

      が、しかし。
      祈るしかないんですよねー。

      何もなかったかのように、淡々と日々を過ごします(笑)

コメントを残す

このページの先頭へ