ループイフダン 検証 2016年6月4日の口座状況

今、現在の状況です。

現在 前日比
口座資産 2,321,000円
(+1,500,000円)
+18,000円
含み損 1,648,000円 299,000円増

運用中のループイフダン
・ループイフダンB15_15(ドル円)2,000通貨
・ループイフダンS15_15(ドル円)3,000通貨
(重複レート発注なし)

 

雇用統計さまさまです。

ここまで激しく動くとは思っていませんでした。

4月末の日銀発表のときに資金追加していなければ、今回もドキドキだったですね。。。

今回は安心して見られました。

 

資金追加したことが正しいかどうかというのはまた別問題ですけどね。

 

けっこう、これは売りを仕掛けているところがあるんじゃないか?っていう噂も。。。

となると来週は上昇するはず。

しっかり様子を見ていきましょう。

 

放置で資産を構築しましょう!
ループイフダンの特徴・メリット・デメリットまとめ

ループイフダンよりも使いやすい!?
マネックス証券 オートレール レビュー

資金管理を学ぶならこれ!
パリス昼豚の5万円FX レビュー

4 Responses to “ループイフダン 検証 2016年6月4日の口座状況”

  1. もここ より:

    いつも、ループイフダン関係の情報を拝見させていただいております。もここ と申します。
    ループイフダンを利用する最後の一押しがこのサイトでした。昨日の雇用統計のネガティブ・サプライズは頭が痛かったです。
    私も100円を割る程度ならば現在の資金で大丈夫なので焦りはしませんでしたが、下げトレンドの持続によっては損切か追加出資を考えなければなりません。。。寧ろ、もりもり帰ってくれば引かれたの自動取引でぱくぱくするので寧ろおいしいですが。。。

    私は しすさんと同じような設定で、額面を少し多めで裁定しています。
    しすさんは証拠金維持率は何%くらいを安心な数字として目安にされていますか?

    あまりループイフダンを活用している知人がいませんので。。参考にさせていただければと。。

    • しす より:

      >もここさん

      コメントありがとうございます!
      いつも、ご訪問ありがとうございます!

      昨日の雇用統計もびっくりでしたね。
      あれほど動くか?って言うくらいでしたけど。

      しかし、100円切っても大丈夫というのは。。。
      すばらしいリスク管理だと思います!

      私は、200%は欲しいなぁ、と思っています。
      まぁ、5月最初は120%くらいになってしまいましたが。

      根拠はありませんが、200%くらいと思っています!

      • もここ より:

        返信ありがとうございます。

        当初は1000%以上の維持率で、今回の雇用統計パンチでB15のシステムが徹底的に買い付けてきて、もりもり維持率が減り、200%台後半に足をかけてしまいました(苦笑)

        所持制限20なので丁度、意図した相場レンジを抜けたばかりな位置におります。
        105円を貫通した場合、資金注入かS25(30でしたっけ?)にでも緩衝材としてB15の合計通貨量の30~50%をポジション1で設定して耐久も視野にいれております。15Sもいるのですが、想定レンジを越えて常にポジが1~2個しかなく、緩衝材にならないんですよね。緩衝材用は管理画面で決済時期は80円とかに設定して、Sポジをとるイメージでいます。

        103円抜かれたら95円~90円はありうる圏内ですので、、、200%維持を目標にお互い気をつけましょう!反発はするとは思うのですが、初動が大きいのでありえる範囲かと。。。本当に維持率が危険になったときの、危機的状況の場合は逆地点に緩衝材を置くのは凌ぎという意味ではありだと思っています。。。

        本当はそろそろイギリス関連で怖くなったので、雇用統計で上にきた時に設定を整理しておこう(109~111円通過でポジション0の地点があり、含み損は小さくなる地点なので。。)と思っていたのですが、目論見外れ、がっつり含み損が!

        まれに、しすさんも含み損について書かれていることがありますが、
        基本は放置とはいえ、ポジション制限が無しならばかなりの範囲にポジションをもたれていると思うのですが、それは最終的にどのように手仕舞いされる予定なのですか?

        私は、ファンダメンタルズに偏りすぎて失敗したのですが、テクニカルとファンダで全体のチャートを見ながら、ポジション制限を10~20で制限し、最近の円ドルの為替変動が大きくなる傾向から2~3ヶ月周期でポジション整理を行う。その代わり、取引数量は少し多めに持つという、基本は手を加えませんが、そういう意味では含み損を小規模に抑えることを意識した管理をしています。
        ただ、今回は雇用統計で一時的に上がり、円高にもどっていくことを考えていたので、そこで逆行するB15のみポジション整理を行い、レンジになってきたら再設定の予定が――、orzという感じです。

        毎日、情報をいただいているので、軽く私のやりかた も出してみました。
        ループイフダンに関して話せる人がいないので、ただ書きたかっただけともいえます(苦笑)

        • しす より:

          >もここさん

          かなり考えられていますね。
          本当に尊敬します!

          緩衝材として、別のループイフダンを組み込むとか、
          ぜんぜん思いつきませんでした!

          実は私は、ほとんど何も考えずにスタートしてしまいました。
          このシステムなら、どんな状況になっても稼げるな、と。

          なので、ポジション制限もしていませんでした。
          今なら、もっと違った設定にできるんですが。。。

          そんなこともあり、手仕舞いはかなり先になると思います。
          ずーっと保持して、利益を少しずつ上げつつ、そのときを待つ。
          こんな感じになります。

          何も考えずにスタートしたので、今設定を変えようと思っても厳しいです。
          全部のループイフダンの運用を止めないといけないですからね。

          参考にならない意見ですみません。
          懲りずに、またコメントください!

          これから始める人が同じ轍を踏むことないように願うばかりです。

コメントを残す

このページの先頭へ