ループイフダンのBとS(買いと売り)の選び方

シストレアイネット ループイフダンは通貨ペアを選ぶと同時に、買いループイフダンか売りループイフダンを選びます。では、買いループイフダンと売りループイフダンのどちらを選ぶといいでしょうか。

まずスワップ狙いの場合、Bしか選択肢はありません

一方、スワップ狙いではない場合、過去のチャートから考えるといいでしょう。ドル円の月足チャートを見てみます。

ループイフダン ドル円

ドル円の状況を見てみると、2012年以降上昇トレンドが続いています。2016年に入り一気に下がりますが、下にひげが長く伸びて、また上昇トレンドに移りそうです。

となると、Bを選ぶのがいいと思います。

ですが、もっと長期的に見ると、高値圏とも言えます。それならSを選ぶべきか?とも思えます。

この判断は運用予定期間やそれぞれの分析手法によって違ってくるところです。

 

無駄をなくして、少しでもリスクを抑えたい場合、細かく分析していく必要があります。ただ、そこまで時間がないとかスキルがないというなら、損失を限定する設定をしつつ、とりあえず始めてみるというのもいいです。

何を隠そう、私は細かい分析なしにループイフダンをスタートさせましたし、これからもそこまで考えることはないと思います。考えなくてもいいのがループイフダンのメリットの1つですから。

 

ループイフダンの特徴・メリット・デメリットまとめ

 

 

放置で資産を構築しましょう!
ループイフダンの特徴・メリット・デメリットまとめ

ループイフダンよりも使いやすい!?
マネックス証券 オートレール レビュー

資金管理を学ぶならこれ!
パリス昼豚の5万円FX レビュー

コメントを残す

このページの先頭へ