ループイフダンにかかる費用・コスト

シストレアイネット ループイフダンに特別にかかる費用・コストはありません。

無料となる費用やコストは、

・口座開設手数料
・口座維持手数料
・取引手数料
・入金手数料
・出金手数料
・ロスカット手数料

です。公式サイトでもしっかり書かれていますね。

↓ ↓ ↓

ghitotesuuryou

 

スプレッドはかかります。ここが証券会社の利益になるので、仕方ありません。スプレッドは、

・ドル円・・・2銭
・ユーロ円・・・3銭
・ポンド円・・・5銭
・豪ドル円・・・4銭

となっています。裁量トレードの口座なら、ドル円スプレッドが0.3銭とかの会社も多いので、一見高そうに見えます。

ただ、システム開発費やメンテナンス費用等がかかるので、それに比べると高くなっています。ただ、システムトレードのスプレッドとしてはトップクラスに安いスプレッドとなっています。

 

ループイフダンなどの自動売買は、かなり取引回数が多くなります。なので、コストの差はかなり大きく影響してきます。公式サイトではこのような比較がされています。

ループイフダン 手数料

3か月間で、26000円以上の差が出ると知ったときは私も衝撃を受けました。5回くらい飲み会に行けますからね(笑)

低コストで運用をできるのがループイフダンです。

 

ループイフダンの特徴・メリット・デメリットまとめ

 

 

放置で資産を構築しましょう!
ループイフダンの特徴・メリット・デメリットまとめ

ループイフダンよりも使いやすい!?
マネックス証券 オートレール レビュー

資金管理を学ぶならこれ!
パリス昼豚の5万円FX レビュー

コメントを残す

このページの先頭へ