トラリピ 大損

トラリピもループイフダンと同じシストレです。

なので、ループイフダンと同じように不得意な相場もあります。

 

そんな相場に突入してしまうと、思わぬ大損をしてしまうことがあります。

例えば、売りのトラリピを仕掛けておいて、ぐんぐんレートが上昇したとき。

含み損が大きくなって、強制ロスカットの危険性も高まります。

 

原因はひとえに、

『無理なトラリピ設定』

これに尽きます。

 

私がループイフダンで強制ロスカットされたときも、結果的には無理なループイフダンを設定していたんでしょう。

無理な設定は身を滅ぼします。

 

欲張らず、小さく運用していく。

ループイフダンとトラリピなど、複数のシステムでリスク分散していく。

こういうことが守れたら、トラリピもすごくいい取引ツールです。

 

とりあえず、口座を開設してみるのもいいかもしれません。

いろいろと触ってみて、これくらいで行けそうだ!

というような感覚を磨いてみてください。

 

きっと心強い味方になってくれると思います!

↓ ↓ ↓

マネースクウェア・ジャパン

放置で資産を構築しましょう!
ループイフダンの特徴・メリット・デメリットまとめ

ループイフダンよりも使いやすい!?
マネックス証券 オートレール レビュー

資金管理を学ぶならこれ!
パリス昼豚の5万円FX レビュー

コメントを残す

このページの先頭へ